江戸 × 現代の東京が交差

北斎をテーマにした「ウォータープロジェクションマッピング」でお台場の夜景を彩る

 

東京都が推進する「東京ブランド推進プロジェクト」の一環である、2018年3月17日(土)東京・お台場海浜公園内で開催されたhokusai&TOKYO「水辺を彩る江戸祭」にて、海上で上映される「ウォータープロジェクションマッピング」の運営と、イベント情報の特設ページを制作いたしました。

 

ウォータープロジェクションマッピング「水幕電子描画」では幅40m、高さ20mの巨大なウォータースクリーンを設置。毎分4000リットルが噴出される水のスクリーンにプロジェクションマッピングを映し出しました。

 

イベント当日は1万5千人以上の観客動員数となり、多くの方々にお楽しみいただきました。